【仕組み化されるまで⑤】仲間×プロジェクト×プロジェクトが大きいものを生み出す【オンラインサロン内容を無料公開中!】

Hey, guys!!

MakeItYoursの仕組みクリエイターのShotaです。

やっぱり仕組みを考えるときには、焼き芋がお供だなと思った今日この頃。

 

さて、newプロジェクトに進展がありました。

ラフ案としての仕組みの流れがイメージできていたので、仕組みを創り上げてゆく段階でしたが、なかなか具体的にどうしていくかを構築できずにいました。

 

という状態を打破すべく、仲間集めとして、人にお願いをしてゆこうと決めたのが昨日です。

その時のブログ→ 【仕組み化されるまで④】情からはじめる大革命!?【オンラインサロン内容を無料公開中!】

 

本日は、数名お会いする予定がありました。

 

バランスボールの先生で産後ケアのことを伝えて女性を輝かせてゆく 夫馬玖美さん

MakeItのプロモーションカードをミラクルでプレゼントしてくれたデザイナー TOMOWORLDさん

偶然にも同じお店にランチにこられたSVスクールの美人講師 飯田綾子さん

MakeItデビューコンサートでもバックダンサーを務めた TAKESHI氏

 

いろんな面白い話が交わり、ものすごい進展に・・・

 

実は、今日、TAKESHI氏が自分のプロジェクトを立ち上げると言って、

そのプレゼンをShotaMamiにしにきてくれたのです。

 

その名もsoul players project。

 

心の底から踊りたい魂を持つ人が

頭や心や身体に縛られず

魂を解放して自由に踊れるような

状態を作るプロジェクト。

だそうです。

 

【魂の解放】による

本当の自分自身の解放は

世界を面白いところへ加速させることになります。

これはソウルヴォイススクールでも伝えていて、MakeItプロジェクトの根幹にもなっています。

 

そして、彼は今、

このsoul players projectの仲間を集めているところでした。

このプロジェクトを進めてゆくのに

僕の仕組みクリエイト能力を買ってくれて

仲間に誘ってくれました。

 

 

ちょうど僕のプロジェクトも

仲間集めをしていて

彼と共に創り上げたいと思っていたところでした。

 

 

と、綺麗にまとめましたが、リアルな裏舞台を少しばかりw

 

彼のプレゼンを聞いてすぐに決断したわけではありませんでした。

 

その後の彼とのやりとりで仲間になることを決めたのです。

 

そのやりとりの流れは大まかにこんな感じです。

 

①このプロジェクトの一番の根幹は何かヒアリングをした

②このプロジェクトをやりきるかどうかの意志を確認した

③このプロジェクトを具現化することにつながる行動の例を伝えた

④このプロジェクトを進めてゆく上で僕が共に創り上げてゆける部分を伝えた

 

例えば、ストレートに

このプロジェクトの根幹は何か聞いて、

声色やニュアンスなどから、打算で言っている事か、

本当に魂の底からやりたいのかを見極めました。

 

他には、

この規模のプロジェクトには

自分ごとのように進めてくれる

プロジェクトの仲間が必須である事を伝え

その仲間集めをどのようにしてゆくか、

今、僕にしていることがその一歩なんだということをお伝えしました。

(細かいことは、オンラインサロン仕組み化ホテルにあげます)

 

 

やりたい事を自ら創り上げることを体感してもらう。

それが今回のMakeItプロジェクトの新規事業です。

 

自分のやりたい事の実現に向け、

仲間とともにプロジェクトを立ち上げて、

具体的に行動し、現実化してゆく。

 

 

僕はMamikoの側で

やりたいことであるMakeItの現実化を共に創ってきました。

 

僕だからわかる現実化の方法を

その人のプロジェクトで実践してもらい

プロジェクトリーダーというものがなんなのかを

体感しながら会得してゆくというプロジェクトになりそうです。

 

 

僕のプロジェクトとしても

ここからもう一捻りしてゆきます。

 

一人でも多くのピュアな人が

豊かな人生に加速するように・・・

 

ではまた。

 

 

仕組み視点やプロジェクトを立ち上げて加速させたい方は

仕組みクリエイターの僕が本気で仕組みを作り上げてゆく オンラインサロン「仕組み化ホテル」

をチェック!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More

Make It Yours Official Web Site

お仕事依頼、ご連絡先はこちら

 

ShotaMamiの本音をLINE@でも!

PAGE TOP
Translate »