自分を見つけて欲しいという願いを解決する方法はこれかもしれない!

Shotaです。

 

発信から離れてましたが、八木さや氏の「私はブログとかに自分のアバターを全力で作ってる」という話を聞いて、ピンときて再スタートしました。

その投稿はこちら。

 

この投稿をInstagramで見る

 

【自分ビジネスに顧客リストはいらないよ】 インスタライブしたよ~ . 自分ビジネスはリピーターを狙わなくていいから、顧客管理やリスト制作は不要。 . メールアドレスとか、あくまで連絡用。 . 狙ったリピーターづくりは、クレーマーになりかねないので、狙わなくとも自然とできるリピーターにまかせる。 . あと、最近ビジネス系の広告でよく目にする「自動化ツール」。 . これも、自分ビジネスには不要というか、置き換えることができるなら、ネットの中につくるアバター論(最近のブログに書きました)。 . ネットの中に、本物で本気の自分をつくれば(SNSは人格をつくるツールだよ!)、24時間起きてる(営業してる)し、世界中飛び回ってくれる(検索システムみたいな)。 . 人脈を探してきてくれるし、興味をもってもらうための自己紹介なんぞ、普段の自己開示&自己表現の投稿で十分で。 . 婚活パーティー行くより、確実だし、アバターが運命の人を探してきてくれます。あと、宝くじ買うより、確実だし、アバターがずっと働いてくれます。 . これが八木さや流ビジネスの自動化。ツールはない。 . #斬新すぎる #自分ビジネスオンラインセミナー #5100名様突破 #制作中にアイディアいっぱい

八木さやさん(@yagisaya_garden)がシェアした投稿 –

 

最近、僕が感じていたこととして

10年後の自分だったら、今の僕みたいな人に具体的な支援をして、応援をしたいと思うわけです。

どうやって探すんだろうか、ということを与える側として考えてみるわけです。

 

 

人伝いで、直接お会いすることも一つ。

エネルギーは圧倒的に伝わります。

なんかすごい。とか、なんかエネルギーを持っているということは伝わります。

 

 

それは第6感みたいな領域です。

今の世界ではそれを信じ抜ける人は多くありません。

 

 

そういう人たちへ、しっかりと腑に落としてもらえるようにするには、書き物というのは大切なものなのかと想いはじめました。

正直なところ、最近まで書き物をなめてました。

 

だって、書き物って頭とか理性的な領域を使って作り上げてるように感じるから。

考えるには、言語が必要です。

ということは、言語は頭とか理性的な部分が働きやすくなるわけです。

 

 

そんな感じで、頭の部分あまり働かせないような生き方をしているため、ちょっと手放していました。

 

 

が、しかし。

言語も必ずしもそうではないなぁ、と感じます。

 

言葉や表現方法などが、自然と湧き上がるくらいの領域ならば、頭ではなく、ソウルからのものになり得ます。

ソウルヴォイスメソッドでも、普通に自分のソウルと、言語を使って会話してます。

 

 

湧き上がるものなら、ソウルからじゃん。

 

 

と、思うことができるようになりました。

 

 

話逸れましたけど、

言語でも自分を表現することで、自分のエネルギーを細かく捉えてもらえるようになるわけですね。

 

ま、本当に言葉が苦手で、文書にするのが嫌で嫌でしょうがない人は不要だとは思いますがw

そういう人は他の表現方法がきっとあります。

 

 

ってか、表現方法なんてごまんとあるわけですよ。

僕もいろんな表現方法を使って行きます。

仕組み化

言語化

アート化(ロゴデザイン)

ホロスコープ

など

僕の場合は好奇心旺盛なので、きっとその都度ツールは変わってゆくでしょうw

 

 

歌の人もいれば、楽器の人もいるし、詩で表現する人もいれば、絵の人もいる。

管理で表す人もいれば、営業で表す人もいるし、いろんなパターンがある。

 

 

そういう自分の魂が乗るものをSNSやブログに全力で落とし込めば、自分のアバターができるわけですね。

魂のエネルギーが乗っているならば、エネルギーを自分と直接合わなくったって受け取れるわけです。

 

 

自分が何人も欲しい!

って思うなら、全力でブログやSNSやソーシャルメディアにアバターを作ってみるといいですね。

 

 

僕もやります。

話飛びすぎてますが、今日はこのくらいにしましょう。

ありがとうございました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More

Make It Yours Official Web Site

お仕事依頼、ご連絡先はこちら

 

ShotaMamiの本音をLINE@でも!

PAGE TOP
Translate »