【帝国ホテル東京レポ②】高級ホテルで一流の室内空間とサービスを学ぶ

こんにちは。

高級ホテルを建てる元建築系公務員のShotaです。

昨日に引き続き、先日宿泊した帝国ホテルの一流のサービスや空間について学んだことをお伝えします。

このブログでは、帝国ホテル東京のロビーと客室の雰囲気と接客応対についてまとめます。

帝国ホテル東京のロビーや客室の雰囲気を動画で

百聞は一見にしかず。

という事で、帝国ホテル東京のロビーや客室の雰囲気を、映像で楽しみたい方はこちらの動画をご覧ください。

My Girl Myukahと帝国ホテル東京を視察してきました。

こちらの動画チャンネルは、MY GIRL というプロジェクトで、自分のLOVEパートナーとのHappyなtravelの映像をお届けしています。

二人の日常を見てもらう事で24時間ずっと一緒にいる秘訣がわかるかもですね!
よかったらチャンネル登録をよろしくお願いします♪♪♪

帝国ホテル東京の築50年の歴史を持つ立派な建物

帝国ホテル東京の外観はこんな感じです。

手前の本館は、築50年ほどの鉄骨鉄筋コンクリート造です。

奥に頭だけ見えるのが、タワー館で、築35年の鉄骨鉄筋コンクリート造です。

この時期らしい、重厚感のあるずっしりしたコンクリート造感のある外観です。

市役所とか県庁とかも、この時期に整備しているものも多く、コンクリート造特有の雰囲気があります。

当時の17階は、立派な高層建築で、その先駆けとなったようです。

帝国ホテル東京はクラシカルなロビーでお出迎え

帝国ホテル東京のロビーは、オフホワイト(ベージュ寄り?)と、木の優しい色合いを基調とした、クラシカルな雰囲気に包まれています。

玄関から入ってすぐ目に入るのは、高い天井に吊るされた、独特な照明。

整った重厚さと、落ち着いた華やかさが感じられます。

その下には、季節のお花がたくさん飾られています。

ロビー横にはラウンジがあり、くつろいでカフェなどができるようになっていました。

ホテルの受付やベルボーイさんもしっかりと人数配置されていて、チェックインも待ち時間なくスムーズに部屋へ案内してくれました。

帝国ホテル東京でスタッフの優しい応対に癒される

チェックインを済ますとベルボーイさんがお部屋まで案内してくださいます。

僕らが宿泊した部屋が、タワー館の31階だったので、受付カウンターからは少し遠く、連絡通路を通ったりと少しだけ行きづらいので、案内していただけるのがありがたかったです。

途中の廊下は、高級ブティック店が入っていたり、セレブな方々がお買い物を楽しめるようになっています。

ベルボーイさんは歩きながら、お話しして、その移動時間も楽しめるようにと、配慮してくださっています。

帝国ホテル東京でスタッフの優しい応対に癒される

帝国ホテル東京では、クラシカルな雰囲気は、ロビーだけではなく、客室内からも伺えます。

リラックスできる室内にしているのか、華やかさは抑えられていて落ち着ける印象となっています。

部屋に入って、ちょっとだけ二人でリラックスタイムを過ごし、気を切り替えて仕事モードで、ブログ記事を書いていました。

とにかく、落ち着ける空間なので、集中力や頭の回転が通常の倍以上だったと思います。

コーヒーやソフトドリンクはサービスでついていて、お部屋で落ち着いて過ごせます。

ソファの柔らかさがとても気持ちよくて、ずっと座ってお仕事していられそうでした。

帝国ホテル東京のバスアメニティ

帝国ホテル東京のバスアメニティは、どれも帝国ホテルのパッケージに入っていました。

綺麗に一つの引き出しにまとまっていて、表面が平らになるように、綺麗に並べられてました。

薄い箱の下には、段が作られていて、表面が平らになるようにしています。

触るのが勿体無く感じますね。

こちらのシャンプーリンスボディソープも綺麗に並べられています。

メイク落としや、洗顔、化粧水や乳液なども取り揃えられています。

帝国ホテル東京の数々のサービス

靴磨きサービスがあったり。

普通にピカピカにしてくれてびっくりです。

タワー館の30、31階のプレミアムフロアに宿泊した場合は、コンチネンタルブレックファストとして朝食のサービスがついています。

無料では、パン5種、ソフトドリンク(僕らはフレッシュグレープフルーツジュース)、コーヒーがついてきます。お好みで、卵料理などを追加注文できるようです。

また、早朝からプールが解放されてますので、30分ほど体を動かしました。

帝国ホテル東京の楽しみ方

帝国ホテル東京に限らず、一流ホテルの楽しみ方は、一流を体感すること。

空間を楽しむのもよし、味を楽しむのもよし、サービスを楽しむのもよし。

とにかく一流のものがそこら中に溢れている場所です。

一緒にホテル楽しんで行きましょう。

このようにエレベーターホール前で、カッコよく写真を撮ろうとして、バランスを崩して、可愛いポーズを取るような楽しみ方もありますね。w

 

 

 

帝国ホテル東京のビュッフェバイキングについての記事も書いていますので合わせてお楽しみください。

【帝国ホテル東京レポ①】日本で最初のビュッフェの「インペリアルバイキング」を楽しむ

 

愛と感謝を込めて。

Suzuki Shota

 

Suzuki Shota

妥協なく自分を愛す。

だから、

溢れる愛を身近な人に。

そして、

その奥のまだ見ぬ人に、

愛を。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More

Make It Yours Official Web Site

お仕事依頼、ご連絡先はこちら

 

ShotaMamiの本音をLINE@でも!

PAGE TOP
Translate »