【帝国ホテル東京レポ①】日本で最初のビュッフェの「インペリアルバイキング」を楽しむ

こんにちは。

超一流ホテルを名古屋に建てる元建築系公務員のShotaです。

2018年8月23日に東京日比谷にある帝国ホテル東京に宿泊し、一流のサービスや物や食事を学んできました。

今回のブログでは、帝国ホテル東京の中にあるビュッフェレストラン インペリアルバイキング「サール」さんの感想をお伝えして行きます。

インペリアルバイキングの雰囲気を動画で

百聞は一見にしかず。

という事で、帝国ホテル東京のビュッフェバイキングの雰囲気を、映像で楽しみたい方はこちらの動画をご覧ください。

My Girl Myukahとインペリアルバイキングを視察してきました。

こちらの動画チャンネルは、MY GIRL というプロジェクトで、自分のLOVEパートナーとのHappyな映像をお届けしています。

二人の日常を見てもらう事で24時間ずっと一緒にいる秘訣がわかるかもですね!
よかったらチャンネル登録をよろしくお願いします♪♪♪

インペリアルバイキングの料理は色とりどりで種類が豊富

帝国ホテル東京のビュッフェバイキングは、色とりどりで種類が豊富でした。

ウキウキしながら二人してビュッフェに向かうも、ShotaのiPhoneのカメラのシャッター音が大きくてご立腹のMyukah(笑)

すぐ、その場で設定を変えて音を小さくして気を取り直して楽しみますwww

料理コーナーの雰囲気は、綺麗な明るいライトと彩豊かな食材、綺麗に並べられた小皿で、心を踊らせます。

食事を最大限に楽しむには、口の中に入れるまでの「過程」がものすごく大切です。

ビュッフェは、その過程を刺激してくれます。

彩豊かないろいろな料理を見た目や文字から、その料理の味をイメージして、自分の食べたいものをお皿に取る。

食べたいものばかりが乗ったお皿を、自分の席に持って帰り、口に入れる。

美味しかったら、いくらでもお代わりできるという未来への期待感も含まれますよね。

 

▼冷菜コーナーの綺麗さは群を抜いてます。他のビュッフェではなかなかお目にかかれない料理名が長い系の料理もいっぱいあります。

▼一品一品のクオリティがとても良い。どれも深みのある味で絶妙に食材や調味料の味が絡み合っています。

▼ホットミール系も彩豊かです。タンパク質やビタミンミネラルがたくさん取れそうな調理スタイルが多く、炭水化物系は少なめで体に良いものもしっかりと選べました。

インペリアルバイキングの料理「冷菜コーナー」の彩豊かな料理

帝国ホテル東京のビュッフェバイキングは、味付けの種類がとても多く、どれだけ食べても飽きません。

僕も珍しく5回くらいお代わりしました。

それでも食べれてないものもあったり、、、。

こちらは冷菜コーナーのものたちです。

この彩の良さ!見ているだけで心がルンルンしますね!
本当にいろんな食材が使われています。
ゴーヤとかナスとか、定番のパプリカ、トマト、玉ねぎ。
僕の中での特にヒットしたものは、カプレーゼ。
カプレーゼなら定番で、いつもありそうですね。
口に入れた瞬間に香るバジルソース、チーズの柔らかさと弾力が絶妙で、しょっぱ過ぎない上品さ。
その上に乗るトマトのみずみずしさとマッチして最高のお味でした。

こちらも冷菜。オクラとかにのなんちゃら(笑)。
次からはちゃんと名前覚えます。
こちらはオクラとカニを出汁の効いた優しい上品な味のゼリーで包み込んでいる料理です。
上には薬味としてミョウガが乗っていて、口に入れた瞬間のミョウガの爽やかな香りから始まります。
そのあとに、ゼリーの食感と旨味が口の中に広がり、オクラ、カニの旨味が次々に口の中で混ざり合って行きます。

インペリアルバイキングの料理「目の前で仕上げてくれる楽しみ」

帝国ホテル東京のビュッフェバイキングは、目の前で仕上げてくれる系もいっぱいあります。

先にも言いましたが、食事を最大限楽しむには

「過程」を楽しむことが必要不可欠です。

インペリアルバイキングでは、ただ、自分で取りに行くだけが楽しみではありません。

シェフの人とコミュニケーションを取りながら、目の前で作り上げてもらうというサービスを楽しまない手はありません。

その様子はYOUTUBEの動画内にもありますが、こんな感じです。

その料理がこちらです。左から、ココナッツカレー、ミートボールゴルゴンゾーラソースかけ、エスカルゴの香味ソース煮。
どれも深い味わい。ココナッツの甘さと主張し過ぎないスパイスとカニの旨味が絡み合ったカレー、ゴルゴンゾーラチーズとトマトソースとしっかり肉感のあるミートボール、そしてクリームとバジルなどのハーブで煮たエスカルゴの弾力。
僕は、エスカルゴの香味ソース煮が一番好きでした。

そして、皆さんお待ちかねの、ローストビーフ。

ローストビーフ。

もう一度言います。

roast beef!

写真では柔らかさが伝えられないのが残念すぎるのですが、とにかく柔らかい。

ローストビーフって、赤みばっかで酸っぱい硬くなりがちで、なんか思ってたのと違うってなりやすい料理だと思いますが、帝国ホテルのローストビーフは柔らかい

普通のローストビーフより、脂も程よく入っていて、コクと甘みがあります。

西洋ワサビで、爽やかにいただくと、無限に食べれますね。

まだまだあるインペリアルバイキングの料理「ホットミールやデザート」

帝国ホテル東京のビュッフェバイキングの料理は、魅力的なものがまだまだいっぱいあります。

ホットミールにも彩豊かなお魚さんがいっぱいあったり。

悪魔的食べ物のアイスケーキも多くの種類がありました。

糖質減らしている僕も誘惑に負けてしまうぐらい、華やかで、美味しそうで、種類も豊富でたまらなかったです。

気をつけよう、、、w

最後に

いかがでしたでしょうか。

帝国ホテル東京のビュッフェインペリアルバイキングの雰囲気を楽しんでいただけたでしょうか。

良い空間、良い食事、良い匂い、良いサービス。

経験は本当に自分の力となってくれます。

帝国ホテルの空間やサービスについての記事もありますので、合わせてお楽しみください。

【帝国ホテル東京レポ②】高級ホテルで一流の室内空間とサービスを学ぶ

リッチさを楽しむとかでも、経験です。

皆さんもいっぱいいろんなことを経験していきましょう。

その経験が全て自分を作っていきます。

 

 

 

 

SNSや、SNSで言えないことも言っちゃうオンラインサロンだったり、ソウルメイトLOVEセッションだったりで、体感してみてください。

Shota’s SNS「  twitter    instagram  」

Myukah’s SNS「  twitter    instagram   blog

 

 

皆様に、真のソウルメイトが見つかり、最高のLoveLifeが訪れますように。

愛と感謝を込めて。

Suzuki Shota

 

 

Suzuki Shota

妥協なく自分を愛す。

だから、

溢れる愛を身近な人に。

そして、

その奥のまだ見ぬ人に、

愛を。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More

Make It Yours Official Web Site

お仕事依頼、ご連絡先はこちら

 

ShotaMamiの本音をLINE@でも!

PAGE TOP
Translate »